ViVidデイズ

アニメの感想や、萌えなフィギュアやグッズについて語っているちょっと痛いブログです><
好きな女の子はフェイトちゃんと赤夜萌香さん、雪ノ下雪乃ちゃんです。
 

 カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

 最新記事
 カテゴリー
 アーカイブ
 リンク
 プロフィール
 その他
  にほんブログ村 アニメブログへ   



雪ノ下雪乃が可愛くて仕方がない
ここ最近よく書いてますが、俺ガイルの雪ノ下雪乃が可愛くて可愛くて、もうどうしようっていう状態です。だから、ちょっと今どんな気持ちなのか書く。気持ち悪いくらい長いけど気にしないでください。

雪ノ下雪乃

黒髪ロングでスレンダーな美しい外見、進学校で学年一位の成績、運動もできてピアノも弾けて、お金持ちのお嬢様でもある。料理も上手いし、文化祭ではギターも弾き歌も歌えた。そして黒ニーハイの美脚。声(CVはやみん)もいいw
そしてそれらよりもさらに好きなのが、性格。
ここまでズバズバと正直に辛辣な意見を言ってくれる。
はやみんのこの語り口調のおかげもあってか、堪らなく魅力的です。
こんなじゅうにズバズバと物を言ってくれる女の子、私的にポイント高い。
でもまあ、ヒッキーに対する辛辣な発言は、最初の頃は本当に遠ざけようとしてたんだろうけど、親しくなってきてからはわざとひどいこと言うのが日課というかコミュニケーションの一環にもなってきてる。
そして毎日変わらずキツイ言葉を浴びせているように見えつつも、結衣とヒッキーのおかげで徐々に雪乃の心情が変化していく。内容は本当に雪乃が思っているとおりの事実でもあるんだろうけど、心を許した相手だからこそ言えてることもあると思う。このやりとりこそが俺ガイルの魅力、そして雪乃の魅力の重要なポイントなんじゃないかと思う。

もうね、雪乃の淡々とした口調でくりだされる罵倒セリフを聞いているだけで、ちょっと幸せ感じちゃう変態なのですよ私は。
別に性格が悪くて棘々しい発言をしてるのではないってとこが雪乃の可愛いところ。
照れ隠しの時もあるし、しねとかころすとか汚い言葉使わないし、なんというか、淡々と事実を突き付ける感じの攻め方。
かと言って、全く相手のことを考えずに自分の意見を押しつけているというわけではない。

クッキー作る話で結衣にキツイ言葉浴びせた時も、自分でキツイこと言ってると自覚していたようだし、何より結衣のことを思って言ってあげてるという感じだった。

まあ、負けず嫌いなところあるから、三浦のように挑発するような態度や敵意を向けられたような時は、相手を挑発してるとしか思えない言葉を言い返してたりするけどねw
俺だったら速攻謝るレベルの怖さ。
というか、そんなに辛辣に事実を突きつけられたらマジで涙目になる。

でも結衣が三浦に問い詰められて困ってた時なんかは、結衣を助けてたいと思う気持ちがあったからこそなのかもしれない。じゃなきゃ、あの空気の中に首突っ込むような事はしなかったと思う。さすがの雪乃といえど。
その結果、結衣は正直に三浦に気持ち伝えられた。
結衣はそれ以降徐々に本音を言えるようになってるしね。

きっとここで雪乃は、結衣と三浦の会話を割って入るべきか迷ったと思う。
下手したら三浦グループから報復攻撃されかねないし。
それでも、結衣を庇ってあげたいという優しさと、奉仕部として力になりたいという気持ちがあったからこと、結構勇気出して助けに入ったんだと思う。
そうです、ゆきのんは本当はとっても優しくていい子なのです。陽乃さんも言ってるじゃないですかー。

まあ他にも夏合宿で三浦を30分かけて泣かせてたりもするみたいだけどねww
アニメ公式のプロフィール見ると、座右の銘は目には目を、歯には歯をとか書いてあるしw

数ある雪乃の台詞の中で、一番印象に残ってるのは
「成功できない人間は成功者が積み上げた努力を想像できないから成功しないのよ」
という台詞。
これは名言だと思う。

そうですよね、成功者は誰しもが努力しているんですよね。

最低限の努力もせずに、自分は才能がないからと言って諦めるのはよくないと、結衣が怒られてたけど、正直自分も耳が痛いです。努力せずに結構諦めてしまっていた事、思い返すとたくさんあるからなあ…。

「天才は1%のひらめきと99%の汗」って言葉もあるように、やっぱり努力は大事ですよねー。雪乃の発言の方が、バカが成功できない理由が明確で、より深く心をえぐられるけどw 
さすがゆきのん、容赦ない発言。

現実問題、努力できるかできないかも才能の内だったり性格によるんだとは思う。
雪乃の言う、成功者が積み上げた努力を想像できない人はたくさんいると思う。私自身がたぶんそうだし。

そう考えると、優秀な人だからこそ言える理想論のように聞こえてしまうけれど、努力しなかった場合には得られないものを、必ず得られると思う。
例えば、小さい頃からどんなことでも努力をするよう躾けられていれば、自然と受験や就職でも努力できる人間に育つと思う。

それに、やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がいいっていうよね(by朝倉涼子)

しかし、高2でこんなことを堂々と言ってのける雪乃にはもう好きを通り越して本当に憧れる。カッコイイ。
自分も雪乃のような心意気で努力しなきゃって気分にさせられます。

こんな風に雪乃なりに強い意志を持って意見を述べ、自分の意志を貫くというスタイルが本当にカッコイイ。憧れる。ウットリしちゃう。
結衣がゆきのん大好きになっちゃうのも仕方ない。
マジで嫁にしてほしいレベル。あなたの主夫にさせてくださいってレベル。


あと気になった発言は、「人ごとこの世界を変える」。
俺ガイルのお話の中では、具体的にどう変えたいのかはまだ直接語られていないけど、どういう意味なのかが気になりますね。
父親のように県議会議員になって、世界を変えていくということなのでしょうか。
原作では、卒業アルバムの将来の夢に何を書いたかって項目で「父の地盤を継いで立候補」とありましたし。
まさか気に入らない人たちを根絶やしにするつもりとか?w
これの裏付けになってしまいそうな、チェーンメールに対しての雪乃の語り。
「止めるならその大元を根絶やしにしないと効果がないわ。ソースは私。」
「とにかく、そんな人間は確実に滅ぼすべきだわ。それが私の流儀。」
人を傷つけたり悪いことをする人を絶対に許さないという正義感。
悪は叩き潰して滅ぼす。
この時点だと、雪乃の言う「この世界を変える」ってのが、全ての悪を排除して、世界を変えるっていう意味合いに思えてしまう。
悪い選択してはないと思うけど、私個人的にはもっと他にも大きな意味があるんじゃないかなあと期待していたり。


それにしても、日本の議員も、雪乃のようにまっすぐで聡明な人ばかりならいいんですけどねえw


あと国立理系志望とは言ってたけど、その先将来何になりたいのかが現時点だと謎ですよね。両親との関係とか、一人暮らし始めた理由とか、いろいろ秘密があってすごく気になる><

あと、雪乃は雑談のような無意義な会話は好きじゃないみたいなこと言ってたけど、ヒッキーに辛辣な言葉を浴びせることを結構楽しんでるよね。
絶対、家で明日ははどんなこと言ってやろうかネタ考えたりしてそう。
本読んでて、よさそうなセリフが出てきたりしたら覚えておいて、ヒッキーに対して言ってみようかとか考えてたり。
そんな雪乃の姿を妄想するともう可愛くて可愛くて。

雪乃とヒッキーの距離感も好き。
部室に二人でいるとき、会話もなくただただ読書してるっていうようなシーンがあったけど、こういう、お互い黙っていても気まずい空気にならない心地良さっていうのに、すごく魅力を感じる。無理に気を使って話振ったり、テンション上げたりというのは、正直自分も苦手だし、疲れちゃう。

照れてる雪乃も可愛い。
普段あまり褒め言葉を口にしないヒッキーからちょっと褒められると、照れて早口で捲し立てる。
もう雪乃のキャラ設定の全てが可愛くて仕方無いです><

そして、照れつつもごく稀にヒッキーに対してデレるとこが最高に可愛い。

ツンデレの正確な定義って曖昧でよくわかってないけど、雪乃こそが真のツンデレキャラだと私は思う。
普段はツンツンしてて辛辣な言葉浴びせてくるけど、二人でいるときに、たまに見せる優しさや乙女らしいしぐさ。
これこそが真のツンデレであり、最強だと思うのですよ。
(ちなみにぼく痛いの嫌いだから、ルイズのような物理的な暴力は嫌)
(あ、女の子に優しく踏んづけてもらうのは可。むしろ歓迎)

雪乃で例をあげるなら、文化祭実行委員の会議が終わった後、別れ際に「また明日」と言ってバイバイしてくれるとこ。
雪乃なりに勇気を出して、思い切ってやってみたっていうような感じが最高にいい。
このシーンを見る限り、雪乃もヒッキーと距離をもう少し縮めたいと思っているように見える。
普段のキツイ言葉攻めも、気になる人につい意地悪したくなっちゃう的なアレなのかもしれません。
いやきっとそうですw

本気で浴びせてる言葉通りのことを思って、ヒッキーの存在をよろしく思っていないのだったら、
そもそも話しかけることすらしないだろうしw
心の中では、ちょっとキツイこといいすぎたかしら…とか、ここまでなら言っても大丈夫よね…とか考えながら話してそう。


文化祭では陽乃が指揮者やってるのを見て、「私もああなりたいと思っていたから」とつぶやいていたり、文化祭のスローガン決めの会議の後「あなたを見ていると、無理して変わろうとするのが馬鹿らしいことい思えてくるわ」とか言っていたりするし、雪乃はなんだかんだ言いつつ、お姉さんのような性格に憧れて自分を変えようと努力しているんですよねぇ。

でもヒッキーは、雪乃の「私もああなりたいと思っていたから」に対して、「ならなくていいだろ」と発言してるように、今のままの性格の自分を認めてくれている。
むしろ周りから嫌われることを怖れず雪乃をフォローしてくれているてたりする。
そういう点が、雪乃の心を揺らすんでしょうね。
そりゃ惹かれてしまうのも無理はない。

陽乃は当然、雪乃が自分を変えようとがんばってることを知っているだろうけど、案外平塚先生あたりももう知っていたりして。陽乃の方から平塚先生に話してそうだしね。
奉仕部ってのも、陽乃が平塚先生に根回しして計画したものだったりして。
実は奉仕部は雪乃のために陽乃と平塚先生によって、お膳立てされていた環境。
いいと思います、そういう展開でも。


夏休み明け〜文化祭のストーリーでは、雪乃の「なら、もう一度問い直すしかないわね。」とか、その他にも結構ヒッキーの交通事故の件と重ねての発言と思われる箇所が結構出てくるけど、ちゃんと読み比べてみないと国語力の低い僕には難しい><
比べてみると、意図的に対比させて同じ言い回しで書かれていて、雪乃とヒッキーの間の変化がわかってきます。
筆者の意図を読み取るの難しいです><

アニメ見てた時は、正直あんまり意味がわかってなかったww


まあ、自分が読み取った答えがどうであろうと、そんな風に雪乃の本心がどうなのかを常に脳内補完しながら読んでいくのが楽しかったりするんですけどね。そのせいか最近は、読んでないときでもついつい雪乃のことを考えてしまいがちなんですよね。
本当に日中10分に1回くらい雪乃のこと考えているかもしれないレベルww

俺ガイルが完結したあとは、サイドストーリーのような形で、雪乃視点のお話も読んでみたいですね。ヒッキーの心の中のつぶやきではなく、雪乃の心の中のつぶやきがメインに書かれているような感じで。あの時のあのシーンでは、実は雪乃はこう思っていた、っていうのが、いろいろ読みたいかも。

むしろ俺ガイル全巻を雪乃視点のお話として読んでみたいまである。



話がコロコロ変わりますが、結衣の誕生日プレゼント選ぶシーンあたりでは、ヒッキーへの好感度ってどんなもんだったんですかねえ。今日一日恋人のように振舞うことを許可するって言ってたけど、表面上は照れて言ってるわけでもなさそうだった。ヒッキーに恋心を抱いているわけではなさそうだったけど、ヒッキーに似合ってると言われたエプロンを購入してたし、原作では買う予定はなかったとも言ってた。今まで似合ってるなんて言ってくれる友達がいなかったから、褒められて嬉しかったってだけの可能性もあるし、ここの時点だと雪乃の心情を結論付けるのは非常に難しい。
だからこそ、妄想が広がってしまうんですよね…

いろんなことをキッカケにちょっとずつ、ちょっとずつ縮まっていくヒッキーと雪乃の距離。
羨ましい…


葉山と雪乃の小学校時代の関係も気になりますね。
夏合宿の夜の葉山からヒッキーに対しての発言を考えると葉山の想い人は雪乃で確定っぽいけど、雪乃が葉山に対してどう思っているのかが非常に気になる。
面識があって、かなり昔からの知り合いのはずなのに、葉山が最部室に来た時、わざわざ「葉山隼人君」とフルネームで呼んでいたし、一体どういう関係なのか…

小学校の頃に何らかの事件があったことが原因があったことはまあ間違いないとしても、ヒッキーがいる前で、イケメンリア充と親しい関係であることを見せたくなかったからってのもあったりして?
考えすぎか。この時点ではまだ雪乃の想いもそこまでいってなさそうだし。

理由がどうであれ、実は雪乃も葉山のことが…って展開だけはちょっと勘弁してほしいところ。
イケメンリア充で成績よくてスポーツできて女子からモテモテの葉山が、さらに幼馴染の美少女のハートもゲットしちゃうとか、僕、嫉妬で死んでしまいます><


あとあと、真剣に猫を愛でている雪乃も可愛い。
「キャーかわいー」っていうような、可愛いって言ってる私可愛いアピールのような可愛がり方じゃなくて、本気出して猫を可愛がっているっていうのがポイントですよね。
猫可愛いよね。僕も猫派です。雪乃と一緒に猫を可愛がって遊びたいです。

陽乃が言ってた、雪乃の自室での姿もいいよね。
パンダのパンさんを抱きながら猫動画を漁ってる雪乃とか、想像したら萌えすぎて頭おかしくなるかと思いました。

本当に雪乃を好きになりすぎてヤバイ。どうしよう。
今までこんな熱い想い抱いたことない。っていうレベルなんですけど。


3次元の世界でこんな女の子に出会えたらいいのに…

ちょっと考えてみたけど、もし仮に三次元の女の子が雪乃と同じような性格だったとしても、絶対に少し話しただけじゃわからない。「こいつマジ性格悪い」「表情怖すぎ」とか思って敬遠しちゃって、絶対親しくなんてなれない。
たとえ、雪乃みたいな人を見つけようと思って、性格悪い人と仲良くしても、雪乃みたいな人ではなくリアルに悪女の可能性が99%だろうから、マジで怖くて無理。
効率よく雪乃のような性格だと見抜く方法でもあれば別なんですが、思いつきません。

奉仕部のような、半強制的に一緒に過ごすシチュエーションが用意されていれば別なんですけどねぇ。
人生そんな甘くできてないですからね・・・。

つまり、三次元で雪乃のような嫁を見つけるのは無理だ・・・ということかな。
自分がまだ学生で、かつ奉仕部のような舞台が与えられたとしたら、夢は広がるんですけどねえ・・・w

謎の部活に主人公が入部することになり数名の美少女と波乱万丈な放課後を過ごす、というSOS団のようなシチュエーションって、かなり増えてきてベタだと思うけど私はこういうの大好きです。

普通に高校生活を送っていたら絶対に親しくなれない美少女達と親しくなれる環境がひょんなことからできあがる。そして、だんだんと美少女達が主人公に惚れいてきハーレム状態になっていく。羨ましいったらありゃしないですよ。
俺ガイルは、雪乃と結衣二人だけど、逆にそれがいいのかもしれない。

その分雪乃と結衣2人のストーリーが濃くなるし、自然と魅力的なシーンも増えていく。しかしながら、陽乃や小町のおかげでハーレム感もある。
平塚先生、陽乃、さきさき、小町などなど、他のキャラも全員可愛いし奉仕部と結構絡んでくるけど、立場上奉仕部の一員にはなれない人ばかり。さきさきはなし崩しで部員になるかと思っていた時期もありましたがw
あくまでヒロインは相反する性格の2人という構成って、定番かもしれないけど、なんかいいよね。
そう、これがツートップ戦略ですよ。

だんだん何書いてるのかわからなくなってきましたが、結論として言いたいことは一つです。

雪乃、愛してる。



やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。 (限定版) (新作OVA Blu-rayディスク(アニメ1話分を収録。渡 航脚本。) 同梱)

| 俺ガイル | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog99.moka.velvet.jp/trackback/947179
トラックバック


 今お気に入りの嫁!
1.雪ノ下雪乃 雪ノ下雪乃 2.綾瀬絵里 綾瀬絵里 3.フェイト・T・ハラオウン フェイト・T・ハラオウン 4.結城 明日奈 結城 明日奈 5.南ことり 南ことり 6.赤夜萌香 赤夜萌香 7.クレア・リーヴェルト クレア・リーヴェルト 8.綾辻詞 綾辻詞 9.アリサ・ラインフォルト アリサ・ラインフォルト 10.羽川翼 羽川翼

 応援中!
PlayStation(R)Vita「キスベル」応援中! 『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...